経営理念

経営理念と社長挨拶

会社概要

社名 中央バス商事株式会社
所在地 〒063-0803
北海道札幌市西区二十四軒3条7丁目2番39号
電話 011-612-2111
FAX 011-612-1222
設立 1972年(昭和47年)2月1日
資本金 1,000万円
代表者 代表取締役社長 永野 紀博
社員数 29名(うち役員3名)
取引銀行 北洋銀行、北海道銀行
事業内容
  1. バス機器販売
    放送装置/行先表示器/運賃箱/運賃表示器
    ICカードシステム/AV機器
    ドライブレコーダー/デジタルタコグラフ
    アルコールチェッカー/タイヤ/バッテリー
  2. バス業務用ソフト制作販売
    路線・観光バス用案内放送/多言語案内放送
    都市間バス用レンタルDVD・CD
    行先表示データ/運賃表示データ
  3. バス広告製作販売
    車内映像CM「ぴりかる」・バスラッピング
    ステッカー・ポスター
  4. バス停留所施設
    待合所/上屋・バス停制作販売
    サイン/看板等製作販売
  5. 空気触媒セルフィール販売施工
    バス・乗用車
    公共施設・児童施設・学校
  6. 物販事業
    バスターミナル売店/観光物産品販売
    (ドナ・札幌ターミナル店)
    家電/事務機器/車両/酒類/雑貨/贈答品販売
許認可他 クラリオンセールスアンドマーケティング特約店
リコー代理店
レシップ代理店
酒類販売免許(ドナ売店)
たばこ販売免許(ドナ売店)
ニチリンケミカル施工特約店

沿革

1972年(昭和47年)
2月
フアーストソニック株式会社創業
北海道中央バスのワンマン放送テープ製作部門を引き継ぎ、テープ製作事業を開始
1981年(昭和56年)
9月
デジタル式運賃表示器の販売と共に、データ製作も開始
1985年(昭和60年)
6月
循環式紙幣識別装置付運賃箱の販売開始
1986年(昭和61年)
9月
テープと音声合成併用型のワンマン放送装置の販売開始
1991年(平成3年)
4月
都市間高速バス向けに、ミュージックテープ/CD&ビデオレンタル事業の開始
1993年(平成5年)
9月
音声合成放送装置の発売に併せ、新たに音声合成案内放送ソフトの製作開始
1994年(平成6年)
1月
札幌市営バスの西岡3線移譲に併せ、磁気カードシステムの販売開始
1997年(平成9年)
2月
本年4月からの運用に併せ、中央バスカードの製作開始
1997年(平成9年)
4月
札幌市内全線の共通カードシステム運用開始
(市営地下鉄/市バス/民間バス3社)
1998年(平成10年)
3月
中央バスの高速路線/小樽市内線にカードシステム納入
1998年(平成10年)
10月
株式会社デンコーより道内の独占販売権を取得し、バス停/上屋/待合所の販売開始
2002年(平成14年)
1月
LED式行先表示器の販売と共に、データ製作も開始
2003年(平成15年)
3月
音声合成放送装置の販売開始
2004年(平成16年)
10月
ETC車載器の販売開始
2005年(平成17年)
12月
バス車内映像CM "ぴりかる"発売
2006年(平成18年)
4月
デジタルタコグラフの販売開始
2007年(平成19年)
9月
ICカード対応薄型運賃箱の販売開始
2008年(平成20年)
10月
都市間高速バス/観光バス向けに、レンタルDVDの販売開始
2009年(平成21年)
6月
ドライブレコーダー販売開始
2011年(平成23年)
3月
アルコールチェッカー販売開始
2011年(平成23年)
6月
照明機器(LED等)販売開始
2013年(平成25年)
6月
札幌地区ICカード化システム納入
2015年(平成27年)
4月
中央バス観光商事株式会社の物品販売業を引き継ぎ、
ファーストソニックカンパニー 及び ドナ&セールスカンパニーを新設した中央バス商事株式会社に改称する。
2016年(平成28年)
2月
砂川ハイウェイオアシス館内に「ファーマーズカフェ空の森」を出店
2016年(平成28年)
9月
社内カンパニー制(ファーストソニックカンパニー、ドナ&セールス)を廃止し、両カンパニーの営業部門を統合。
2019年(平成31年)
3月
「ファーマーズカフェ空の森」を砂川ハイウェイオアシス観光(株)に移譲。
2019年(平成31年)
3月
バスロケーションシステム導入
2020年(令和2年)
2月
「ドナ・小樽ターミナル売店」を閉店。
2020年(令和2年)
9月
抗菌・抗ウイルス「空気触媒セルフィール」の施工販売を開始。
2021年(令和3年)
4月
北海道中央バスより広告事業の移譲を受け、バス広告事業を拡大。
2022年(令和4年)
2月
「ドナ・岩見沢ターミナル売店」を閉店。

主な仕入先

 

安全自動車株式会社 / 株式会社イズマサ / 市岡株式会社 / ウェッジ株式会社
協立電業株式会社 / クラリオン株式会社 / クラリオンセールスアンドマーケティング株式会社
株式会社札幌科工
株式会社デンソーソリューション / 東海電子株式会社 / 株式会社トリプルエイ / 株式会社トーヨータイヤジャパン
株式会社バンザイ / 株式会社平元商会 / 株式会社フクニチ / 株式会社藤エンタープライズ
ブリヂストンタイヤソリューションジャパン株式会社 / 日本液炭株式会社 / 日本車輌洗滌機株式会社
マルキン機鋼株式会社 / 株式会社宮田自動車商会 / 株式会社ミュー
レシップ株式会社

交建株式会社 / 株式会社サンピア / 株式会社デザイン社 / 株式会社 ヒノデコンクリート / マルキン工業株式会社

旭エンジニアリング株式会社 / イコマ北海道株式会社
株式会社カズサッポロ / 株式会社キシプロ
株式会社ジーン
北海道グローリー株式会社 / 株式会社Project White
株式会社前堀 / 株式会社ムービーマネジメントカンパニー

株式会社三城 / コクヨ北海道販売株式会社 / 株式会社チクマ
タケヤ刷子工業株式会社 / 富士フイルムビジネスイノベーション株式会社 / 大丸株式会社 / リコージャパン株式会社
オオサキメディカル株式会社 / アイリスチトセ株式会社 / 株式会社ニトリ / 青山商事株式会社

北海道コカ・コーラボトリング株式会社 / 北海道キリンビバレッジ株式会社
サントリービバレッジサービス株式会社 / 株式会社伊藤園 /
日糧製パン株式会社 / 山崎製パン株式会社
石屋商事株式会社 / 株式会社三八 / 株式会社セイコーフレッシュフーズ / 株式会社北海道観光物産興社
株式会社スハラ食品 / 国分北海道株式会社 / 西一食品株式会社 / エイプラスサービス株式会社

主な取引先

広告関連 株式会社ケイエムアドシステム / 株式会社キョウエイアドインターナショナル / 表示灯株式会社
株式会社電通北海道 / 株式会社オリコム / 株式会社近宣 / 株式会社アドレシーブ / セカンドエイト株式会社
株式会社北海道博報堂
機器関連 クラリオンセールスアンドマーケティング株式会社 / 株式会社藤エンタープライズ
株式会社アイベス
バス事業者 【道央地区】
北海道中央バス株式会社 / ニセコバス株式会社 / 札幌第一観光バス株式会社
ジェイ・アール北海道バス株式会社 / 株式会社じょうてつ/北都交通株式会社
千歳相互観光バス株式会社 / 夕張鉄道株式会社
【道南地区】
道南バス株式会社 / あつまバス株式会社 / くじら観光バス / 函館バス株式会社
【道北地区】
旭川電気軌道株式会社 / 道北バス株式会社 / ふらのバス株式会社
空知中央バス株式会社 / 名士バス株式会社 / 士別軌道株式会社
宗谷バス株式会社
【道東地区】
十勝バス株式会社 / 北海道拓殖バス株式会社 / 帯運観光株式会社
くしろバス株式会社 / 阿寒バス株式会社 / 根室交通株式会社
北海道北見バス株式会社 / 北紋バス株式会社 / 網走バス株式会社
網走観光交通株式会社 / 斜里バス株式会社
鉄道事業者 北海道旅客鉄道株式会社
自治体 北海道 / 札幌市 / 苫小牧市 / 北広島市 / 恵庭市 / 千歳市 / 美唄市 / 長沼町 / 栗山町
新篠津村 / 津別町 / 古平町 / 蘭越町 / 三笠市 / 深川市 / 月形町 / 秩父別町 / 岩内町
洞爺湖町 / 占冠村 / 白老町/ 浜中町
自動車関係 北海道日野自動車株式会社 / 北海道いすゞ自動車株式会社
三菱ふそうトラック・バス株式会社北海道ふそう / ジェイ・バス株式会社
その他 支笏湖観光運輸株式会社 / 洞爺湖汽船株式会社 / 阿寒観光汽船株式会社 / 道東観光開発株式会社
一般社団法人 札幌地方自動車整備振興会

Copyright (C) 中央バス商事 株式会社. All Rights Reserved. / second8